• ホーム
  • 新着情報
  • リフォームって?
  • アイエスリフォームって
  • お客様の声
  • 施工事例
  • Q&A
  • ホーム

リフォームQ&A

よくあるリフォームに関するご質問集

見積は無料なの?

お見積は無料で行っております。お問い合わせ時もフリーダイヤルをご用意しておりますので、無料になります。FAXやメールでのお見積依頼も24時間承っておりますので、ご希望の方は、希望工事内容と図面をお送りいただければ概算見積致します。

土・日・祝日でも見積は可能?

土・日はもちろんのこと祝日のお問い合わせでも喜んでおうかがいいたします。
ご都合の良い時間をご指定下さい。

見積はどれくらいで確認できますか?

小規模な工事内容のものは現場調査後すぐにご提出させていただきます。100万円以下の工事の見積の場合は1週間以内・大型の工事の場合も2週間以内でのご提供を行っています。(内容により若干異なる場合もございますのでご了承下さい

工事を頼む判断は、見積の内容を確認してからでもいいですか?

もちろんです。アイ・エス・リフォームのサービス内容、リフォームに対する考え方や姿勢に関して共感していただき、それと見積内容を踏まえてご判断ください。

見積の内容がよくわからないのですが?

アイ・エス・リフォームは詳細かつ、わかりやすい見積書の作成を心がけております。大型工事等の場合はよりわかりやすいように目で見てわかりやすいプレゼンテーションボードや図面の作成を行い、お客様にしっかりとご納得いただけるよう、担当営業から詳しくお見積内容についてご説明させていただきます。

小さな工事もやってくれる?

どんな小さな工事でも、よろこんでお受け致します。カギの交換、ふすまの張替え、アミ戸の張替えなど些細な事でもお気軽にご相談下さい。

広告に掲載してある商品・工事金額で本当に対応できるの?

もちろん広告の通り施工、販売対応します。ただし、それぞれの現場での状況やお客様の仕様・プラン変更により若干の金額の変更は出てくる可能性はございます。

ショールームで商品を確認できますか?

商品展示には限りがございますので、担当営業がご希望の各メーカーショールームにて、ご希望商品のご案内をさせていただいております。もちろんこちらも無料で行わせていただいております。

メーカー商品がこんなに安いのはなぜ?

理由は、各メーカーに対して一定量の年間発注件数を約束して仕入れ契約を行っているためです。また、地域一番店の利点、過去の仕入れ量の実績、施工実績の多さも背景として存在します。そのような条件をもとに各メーカーと交渉し、より良いものをよりや安くご提供できるよう、お客様の立場に立ち行動をしております。

家具などの移動はどうすればいいの?

家具などの移動も弊社で行わせていただきます。移送の際は養生を万全にして、家具等に関しても細心の注意をはらい工事を進めます。

商品、設備機器だけの購入はできる?

商品の保証範囲の問題などの理由により、商品だけの販売はお断りをさせていただく場合もございます。詳しくは弊社の担当スタッフまでお尋ねください。

生活しながら工事をしてもらうことは可能?

もちろん可能です。生活空間と工事する場所をしっかりわけ、工事期間中にも細心の注意をはらいながらお客様にできるだけストレスを与えぬように工事を行います。工事内容によっては水回り設備が使用ができなくなる日・時間帯などが出てくる場合がございますので、事前にご説明させていただいております。

工事中、留守にしても大丈夫?

外出されても問題ありません。留守中の工事であってもご安心して頂けるよう、お客様宅の鍵を責任を持って管理致します。

ご近所への対応はしてくれるの?

お客様にご迷惑がかからないように、工事の開始前・完了後にご近所の皆様にごあいさつにうかがいます。

施工体制を教えて下さい

丸投げ発注は行っておりません。自社専属の職人によって工事を行います。また、営業担当が責任を持ちまして、全体の工事管理を一括で行いますのでご安心下さい。

工事中の職人さんにはどう対応すればよい?

職人さんに対してのお気遣いは無用ですので、休憩時間でのお茶菓子のご提供や、お心づけなども必要ありません。お気遣いの有無によって工事の出来が変るような事は一切ございません。

リフォームローンの取り扱いはありますか?

自社提携リフォームローンや銀行ローンもお取り扱いを致しております。住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)などのご利用の際もアドバイスさせていただいております。ご利用の際は担当営業にお気軽にご相談下さい。

リフォームと建替えどちらがいいの?

全面改修で新築と比較して高くなる場合や、老朽化の進行により、地盤や土台、柱に問題がある場合などは、建替えをおすすめしております。ただし、建替えには取壊・引越し・仮住まい費用などの余分な資金がかかりますので、予算が限られている場合や急を要する場合はリフォームをおすすめしております。また現行の建築基準法規制により今より小さい家屋にしか建替え出来ない場合等もリフォームをおすすめします。

お問い合わせ